リテール・エンゲージメント

成功する店頭マーチャンダイジング戦略の検証

マスター・プラノグラムの準備が整うと、各店舗の構成と地域の趣向性を考慮に入れて検証を行い、ブランドとリテーラーの両方から承認を得ます。提案したプラノグラムが採用されない場合、ブランドとリテーラーは連携して必要な調整を行い、双方に最大の価値をもたらすソリューションを展開する必要があります。

リテール・エンゲージメントにより、ブランドとリテールは効果的に連携でき、特化した構成を共有して、さらには消費者の視点で店内で本人がバーチャル・ウォークスルーを行って代替案を検証できます。その結果、マーチャンダイジング・ビジョンをより迅速かつより正確に展開して、魅力的で収益の上がる店舗レイアウトを実現できます。