専門小売業

スポーツ用品・フットウェア小売業者、メガネ小売業者、電子機器・家電製品小売業者、事務用品小売業者、ベビー用品小売業者、食品・飲料小売業者など、専門小売業のあらゆるチャネル全体にわたって物流の卓越性を確保し、説得力のあるセールス・エクスペリエンスを実現するためのソリューション。

カスタマイズ品をいつでもどこでも入手

新しいエクスペリエンスを求める消費者ニーズの進化が引き起こす新たな課題。その結果生じる複雑さと課題を解決する方法: バックエンドとフロントエンドの調整。

課題

適切な製品を適時に確保

ニュー・エコノミーにおいて差別化を目指す小売業のお客様企業は、顧客サービスの最大化に注力する必要があります。これは、リアルタイムでの動的な配送料金設定とスピード・オプションの幅広い提供を意味します。小売業のお客様企業は、スケジュール通りの配送と配送分配オプションを確実に行わなければなりません。このような (およびさらに上の) 能力を備えたインテリジェントな物流ソリューションが、今日の市場における選択とカスタマイズの要件に追いつきながら競争力を維持するために必要です。

課題

3D リテール・プランニングでセールスとエクスペリエンスを最大化

調査によると、多くの消費者がオンラインで商品を調べてから店頭で購入していることが分かっています。これは、実店舗での販売が依然として非常に重要であるだけでなく、確かな満足のいく店舗でのエクスペリエンスが最終的な購買につながる可能性を示しています。つまり、従来の店頭におけるリテール・プランニングは、最善の小売エクスペリエンスを確実にするためのメソッドとしてもはや通用しないことを意味しています。没入型のリアルな 3D 店舗環境は、空間的な収益性を最大限に高めながら利益率を高め、消費者エクスペリエンスを検証する機会をもたらします。

課題

消費者の固有な要望を捉える

潜在的な消費者と個々につながることは、業界の必須事項になりつつあります。これを具体化するのが、どの販売チャネルにおいても一貫したパーソナル化されたエクスペリエンスを提供できるオムニチャネル・アプローチです。例えば、関係者全員が利益を得るために、ブランドと小売業者間の連携が必要となる場合があります。ブランドの差別化と新しい市場への参入の鍵を握るのは、複数の販売チャネルにわたって固有の魅力的なエクスペリエンスを提供できる高度なプラットフォームです。

課題

説得力のあるエクスペリエンスで消費者を引き付ける

正真正銘のオムニチャネル・アプローチは、消費者の動向に合わせるために、すべての販売チャネルに結び付く必要があります。どの販売チャネルにおいても、一貫性のある魅力的なエクスペリエンスを提供できれば、多大な競争上の優位性を獲得できます。AR や VR などの技術が意思決定を促進する没入型ソリューションを提供する一方で、IoT コネクティビティはデバイス、環境、ライフスタイルにつながって、エクスペリエンスのためのインターネット構築への扉を開きます。

Centric PLM の革新的なソリューションでは、世界中の小売企業のデジタル変革を推進し、情報の実用的な一元管理で可視化を向上させて、利益とコストを管理し、適切な製品を適時に適切な顧客に届けることを確保します。