最近の消費者

今日の消費者は都市型で、常に接続され、決定権が与えられており、透明性を求めています。それらを理解することで、期待に応えてブランド・ロイアリティを獲得できます。

オンデマンド製品とエクスペリエンス

今日、世界の人口の 55% が都市部に住んでいます。2050 年までに、その数は 68% に増加すると予測されており、そのうち 60% は 600 の都市に集中します。増加する都市部の中流階級の消費者は、日常生活でさまざまなデジタル・デバイスを利用しており、リアルタイムでデジタル接続されたエクスペリエンスに新たな期待を寄せています。消費者は、自然によって復元される限度を 50% も上回るスピードで人が資源を消費していることを知っています。このことから、資源に依存しない持続可能な製品が求められています。また以前よりもはるかに多くの製品知識を備え、高度なレベルでのパーソナル化が求められています。選択肢の探索、特定の製品の検索、製品のパーソナル化など、最近の消費者は新しいライフスタイルのニーズを満たす、手軽で魅力的なブランド・エクスペリエンスを求めています。

picto-customerjourney
消費者のライフスタイルのあらゆる側面につながり、顧客優先型の製品やサービスを構築
picto-likeonphone
パーソナルで持続可能な地域に密着した方法で、コネクテッド・テクノロジー主導型製品を作り出す
picto-talents
シンプルで教示的かつ刺激的な顧客エクスペリエンスでブランド・ロイヤリティを創出してセールスを促進

消費者データに接続してイノベーションを推進

最近の消費者は大量のデータを生成しています。ウェアラブルなスマート・デバイスからのリアルタイムの健康モニタリング、接続型 IoT デバイスからの室温や照明レベルなどのホーム・オートメーション情報など、消費者が生成するデータはいたるところに溢れています。このようなデータを収集する新しいデバイスを構築し、既存のデータを活用して新しい製品カテゴリを創出することが、将来的な革新への取り組みの中核になるでしょう。消費者の 80% が 2030 年までにパーソナル化製品を使用することを期待している中、ブランドのお客様企業は、消費者の洞察を活用して、3D 設計メソッドによる製品づくりを加速しながら、より低コストかつより短時間で革新的な消費者指向の製品を創出する必要があります。

ホーム・ライフスタイル業界の課題