建築設備

建築設備では、エンドユーザーの快適性と安全性が何より重要です。そのため、OEM では、設計、コンプライアンス、設備効率に特に注意が払われます。

課題

効率的な設計・製造

世界各地に多数の拠点を抱える建築設備メーカーには、組織全体にわたって効率化された方法での連携を可能にする迅速な製造プロセスの導入という課題があります。

単機能の機械から製造プロセス全体を網羅するオールインワン装置への入れ替えが進められている今、オールインワン装置でこの課題を克服し、顧客が得るべき快適性と安全性を提供できるようになっています。

課題

快適性と安全性を考慮した機器製造

建築設備を販売する OEM では、その機械が動作する環境に適合するよう構成を行う必要があります。高層ビルに設置する高速エレベーターや、駅や空港のフラット・エスカレーター(動く歩道)、特殊サイズのコンベアーなどを望む顧客からの細かな需要に対応することが必要です。

建築設備サプライヤーはこの他にも、スマートで効率的な機械の納入が求められるなどの課題にも直面しています。機械的システム、電気的システムを統合して、機械の機能を高め、顧客の希望に応じて構成可能なものとする必要があります。

課題

サービス提供の幅を拡張して、より高い利益率の確保

現在、メーカーにおける機械販売の利益率は、10 年前とは比較にならないほど、大幅に圧縮されています。利益確保の課題に取り組む OEM では、保守サービスをポートフォリオに加えることで、ビジネスを強化しています。

メーカーにおいては、製品開発プロセスの開始時から保守サービスの必要性を考慮することで、利益幅を改善し、アフターセールスの収益を拡大しようとしています。サービスの幅を広げ、機器、サポート、メンテナンス、消耗品をまとめて提供することにより、機器の効率や性能、そして顧客満足度の最大限化を確実にします。