データ・エコノミー

ビックデータ、高度なアナリティクスの活用を可能にするシステム、スキルセットへ投資し、ビジネスの利益率を向上

第 4 次産業革命における産業機械

働き方やお客様との関わり方が大きく変化しています

 

未知の資産を活用してマーケット・リーダーを目指す

第 4 次産業革命の破壊的なテクノロジーは、産業機械メーカー自らが把握していない自社情報を明らかにする可能性を秘めています。あらゆる製造機械がデータを収集して送信するセンサーを備えています。しかし、生産性と収益性を新たなレベルに高めるには、こうした情報をスマートに表示する機能が必要です。

拡張現実、IIOT、ビッグデータは、メーカーが機械開発やアフターサービス向けアプローチの再構築に取り込むことのできる新たなトレンドです。

ナレッジを行動可能なインサイトに変革

Picto > 速い決定 > ダッソー・システムズ®
リアルタイムの状況に応じた正確な情報で、意思決定の改善
Picto > データ処理 > ダッソー・システムズ®
あらゆるプロセス・データを活用して、オペレーションを改善し、ネットワーク製品/サービスのモデル化とシミュレーションの実行
Picto > バーチャル製造 > ダッソー・システムズ®
工場ごとにプロセスをシミュレーションおよび最適化して、製品の変更と生産をリンク

収益性を高めるスマートなデータ利用方法

統計的に意味のあるデータは、競合他社との差別化に役立てられる強力なツールになります。

3DEXPERIENCE® プラットフォームによって、産業機械メーカーは全社的なデータの活用・分析方法をデジタル変革して、ビジネスの収益性を向上させることができます。高度な分析では、定量評価の実行、データ・ポイントの比較を支援することで、メーカーが、どのように機器開発やアフターサービスにアプローチするかを定義する、新しい洞察と関係を明らかにします。

産業機械の課題