1. デジタル・イクイップメント・コンティニュイティ
  2. イクイップメント・チェンジ・アンド・コンフィギュレーション・マネジメント 

イクイップメント・チェンジ・アンド・コンフィギュレーション・マネジメント 

分野をまたぐ変更や構成の連続性をライフサイクル全体で維持

構成可能部品を含む機械や機器を統合環境で設計できたとしても、産業機械メーカーにはそれに加えて、あらゆる製品バリエーションをエンジニアリング段階で効率的に考慮することもまた求められます。さらに、一貫した正確な BOM (部品表) を作成して、下流の業務プロセスに提供したり、その情報を ERP にリンクさせたりする必要もあります。

イクイップメント・チェンジ・アンド・コンフィギュレーション・マネジメントは、産業機械の企業にとって、機械構成の設計と製造プロセス間のつながりを定義、管理するための次の一歩です。終始一貫したトレーサビリティーと強力な検索エンジンを使った、設計の再利用機能が提供されるので、現行の開発に対して最適な製品を見つけられます。

情報が一元管理されるので、製造部品表 (MBOM) を作成してコンポーネント・ダイバーシティを効率的に管理し、複数拠点にわたって分野間の連携を改善し、機器製造と組み立てのオペレーション、リソース、作業指示を定義できるようになります。 イクイップメント・チェンジ・アンド・コンフィギュレーション・マネジメントがあれば、開発サイクルを短縮し、過去の設計上のエラーを避けながら、企業標準を満たす新しい設計を確実に作成できます。

イクイップメント・チェンジ・アンド・コンフィギュレーション・マネジメントの詳細

イクイップメント・チェンジ・アンド・コンフィギュレーション・マネジメントの主な機能とメリットをご覧いただけます。ダッソー・システムズの専門家にお問い合わせいただくか、別途見積もりをご依頼ください。