1. 部材・プラスチック製品

部材・プラスチック製品

マシンの安定性とパフォーマンスは、部品の品質によって異なります。サプライヤーのお客様企業は、コスト効果を維持しながら、お客様のさまざまなニーズに適応する必要があります。

ビジネスの課題

ワイド・プロダクト・ポートフォリオを管理

あらゆる機械は部材とプラスチック部品からなっており、その提供元となるのは通常、専門の製造業者と契約業者です。業者側では効率的な連携に基づき、幅広い製品ポートフォリオを管理するだけでなく、品の高い量産製品を納期どおりに提供しつつ、費用対効果を維持していく必要があります。

常識を打ち破るようなテクノロジーを導入することで、効率的なロジスティクス・プロセスに裏打ちされた、信頼性ある製品を迅速に納入する力を持てるようになります。顧客と長期にわたって実りある関係を結ぶことが可能となります。

ビジネスの課題

品質の高い部品を納期順守で提供

ネジやヒンジなどの小さな金属部品を設計するには、時間をかけて細心の注意を払いながら、効率的で綿密な設計と製造のプロセスを踏む必要があります。改良が重ねられたカスタマイズ製品を提供し、時間とともに変化する顧客ニーズに答えていくことが、目標となります。第 4 次産業革命の新興テクノロジーによって、産業機械メーカーには多様化を促進する自在性とアジリティがもたらされています。変化し続ける市場の需要への対応力を高められるような可能性が開けているのです。

ビジネスの課題

競争力のある価格による機械部品

機械の安定性と性能は、使われている金属部品の品質で決まります。構成部品のサプライヤー側では、国によって規制がさまざまなため、設計や生産プロセスの効率性、堅牢性を確保する必要があります。

金属やプラスチックの構成部品のサプライヤーは、新しい産業機器ソリューションを導入することで、客先のニーズに合った幅広い製品ポートフォリオを管理しつつ、質の高い量産製品を納期どおりに提供し、費用対効果も維持することができます。