1. 産業用ロボット工作機械と 3D プリンター

産業用ロボット工作機械と 3D プリンター

デジタル化により、産業機械とシステムが変革し、メーカーには柔軟性がもたらされコネクテッド & カスタマイズ・ロボテックスおよび 3D プリンターが実現します。

産業用ロボット工作機械と 3D プリンター

ビジネスの課題

組織の複雑さを効率化

どの企業にも、効果的なビジネス上の意思決定を妨げる要因はあります。製造環境においては、各産業用ロボットが効率的に機能するだけでなく、効率化された方法で相互に機能する必要があります。組織が抱える複雑さの効率化が必要なメーカーにとって、基盤となるのはデジタル接続されたシステムであるということが明らかになってきています。

産業用ロボット、工作機械、3D プリンターのメーカーには、効率的な連携を可能にする迅速な製造プロセスを実装するために複雑なインテリジェンスを管理することが求められています。

ビジネスの課題

開発、製造、引き渡しの迅速化

産業機械メーカーにとっては、より大きく良いものをより速く、というのが大原則です。時間の経過とともに変化する、顧客要求に適応する、さらに強化されたカスタマイズ製品の提供が目標です。

第 4 次産業革命の新興テクノロジーによって、産業機械メーカーには自在性とアジリティがもたらされ、絶えず変化する市場の需要にさらに対応できるようになっています。インテリジェントに、デジタルにつながることにより、メーカーでは顧客が望む製品を望んだときに競争力ある価格で開発、提供する機能が得られます。

ビジネスの課題

国際競争力のある価格設定

お客様は特定のニーズに合わせてカスタマイズされた製品を希望しますが、それに多くの費用を支払うことは望んでいません。このような状況において産業機械メーカーには、さらに柔軟性を高め、マージン比でより効率的なコストで、パーソナル化の進んだ要件を満たすことが求められています。

メーカーにとって、スマート・マニュファクチャリングで開かれる可能性が、これまでになく高まっています。工場を最適化し、新しいレベルの生産性を創出する破壊的なグローバル技術で在庫を管理し、開発プロセスでアフターサービス・プランまで含めて考慮していくことがリアルタイム・データで可能になります。