デザイン・ フォー・サービス

機器の不具合を特定して、機械の信頼性と可用性を最適化

産業機械メーカーのお客様においては需要に対応するため、オペレーションを円滑に運用する必要があります。最高の稼働状態で機器を維持するには、迅速かつ手頃な価格による、計画的な保守サービスを必要とします。そのため機器メーカーでは、現場でのメンテナンス効率を向上させる、サービス向けの設計アプローチが必要です。

  • 要件の仕様 - 顧客のメンテナンス要求と苦情を収集。

  • 機械の故障予測 - バーチャルなシミュレーション・テスト結果へアクセスして、一定の加工時間または動作の繰り返し後にどの部品が破損するかを特定。

  • 最適化 - メンテナンスのダウンタイムおよび耐久性を最大化するためのコストを最小限に抑える設計を提案。信頼性、コスト、安全性、製造性、重量、耐久性、外見などを維持する、メンテナンスに配慮した設計を検証。

  • 修理可能な部品 - 修理可能な部品や交換可能な部品にタグを付けて分類し、キット情報、オプション部品などの属性を追加します。

に含まれるもの キープ・ゼム・ランニング