プロセス・フォー・サービス

マシンの保守性と安全性を最適化するためのサービス・プロセスを定義

プロセスを定義することで、機器が適切に維持され、効率的なタイムフレーム内にあることを確認するための段階的な手順を提供できます。必要な技術者の人数やツール数、安全性のリスク、メンテナンスを完了するまでの時間など、最適化された計画、物流、要員管理も提供できます。

プロセスを定義することで、設計の初期段階からサービスの運用を確実に織り込むことができると同時に、メンテナンス指示が明確になり、お客様の設置に合わせて調整が可能です:

  • サービス・プロセス定義 - プロセス手順・オペレーション作業計画の定義、部品の割り当て、必要なツール/化学物質・労働力。

  • サービス要件 - エンジニアリング要件に必要なオペレーション (PMI、FTAなど)。

  • サービス・プロセスの検証 - 不備を避けるために、最速の取り外しパスを見つける、あるいはメンテナンス運用をシミュレーションしボトルネックを特定。また、シミュレーションを活用して、部品の取り外し/取り付け方法を具体的に示すことも可能です。

  • 作業指示のオーサリング - 色分け、文書による指示、警告、2D 画像、3D マニピュレータ位置、記号の追加などを含む、3D ビューを作成して 3D ベースのメンテナンス指示を作成。

に含まれるもの キープ・ゼム・ランニング

プロセス・フォー・サービスの詳細を見る

プロセス・フォー・サービスの主な機能とメリット。ダッソー・システムズの専門家にお問い合わせいただくか、別途見積もりをご依頼ください。