1. 「1点モノの注文」に対処するには?
6 min read

「1点モノの注文」に対処するには?

個別化されるモノ

誰もが何事も現状に留まることはないと知っています。しかし、時に変化は前例のない速さで起こります。今現在がまさしくその時代です。将来の成功と競争できる力は、業界として、各企業としてこの時代にどのように対応するかにかかっています。

お客様は常により多くのものを求めています。より多くの選択肢、より多くのオプション、より多くの追加、より多くの機能。私たちが直面している現在の課題は、求められるタイミングで提供できるスピードです。お客様はあらゆるものを今すぐ手に入れることを望んでいます。遅延、停滞、例外は認められません。さらに、これらに対して、支払いの追加は望めません。

大量個別化の期待に対応

「今日のビジネス・リーダーは、企業を新たなレベルへ移行させるという課題に直面しています。それは、ビジネスのオペレーションと成長の新しい方法を創出するために、デジタル技術と組織的な、オペレーションのビジネスモデルのイノベーションを結び付ける、デジタル・ビジネス変革です」とMarc Van Herreweghe 氏は、ホワイトペーパー「The 4th Industrial Revolution:Opportunity and Imperative — Evolution for Some, Revolution for Others」で述べています。

「第4次産業革命」により、企業はビジネスモデルやエコシステムの変化を推進することが可能になり、デジタル・コンピテンシーを活用し、収益と利益の成長を加速します。

「第4次産業革命の鍵となるイネーブラーと設計原理のひとつは、接続することおよび接続されることで、異なるレベルの標準化が必要とされます。新CPS (サイバー・フィジカル・システム) オープン・スタンダードのおかげで、人とスマート工場は、モノのインターネットを介して、接続とコミュニケーションが互いに可能になっています。成功する革新的な製造を前進させるには、この新しい高速コミュニケーションが不可欠です。」

4THOUGHT: 第4次産業革命によるビジネス方法の変革

4THOUGHT ウェブキャストでは、4 名の革新的な専門家が、あらゆる産業機械企業が直面している課題、機会、脅威について議論します。新興テクノロジーがビジネスを変革し、競争を勝ち抜くのにどのように役立つか洞察に満ちた視点をご覧ください。

あなたの企業は前進するポジションにありますか? 設計した製品が複雑な個別要件を満たしていることをどのようにして保証しますか? 顧客の要求に基づいて社内のエンジニアが設計した製品の製造が可能ですか? 大きな規模でカスタマイズされた製品の提供とサービスができますか?

複雑さに対処

問題の複雑さは、大げさに述べられているわけではありません。製品がより複雑になっていくと、設計と生産をサポートするプロセスもより複雑になります。これに対処するには、これまでのソリューションでは不十分です。

「革新的な製品創出」に関する CIRP 第25 回設計会議で発表された、Y. Korena、M. Shpitalnik、P. Guc 、S.J. Huaによる 2015 年の学術論文「Product Design for Mass-Individualization」では、「大量個別化」が成功裏に達成された場合における「製品設計の課題」についてうまくまとめられています。

また、大量個別化のパラダイムを実現させるには、次の 3 分野で革新が必要なことが強調されています。

- 製品設計とシミュレーションの新しいソリューション・エクスペリエンス

- 多種多様なモジュールのプラットフォームへの組み込み

- 購入者およびプラットフォーム・モジュールのメーカー間のやり取りを促進するサイバー・フィジカル・システム

次のステップ: マス・イノベーション

大量個別化のための優れた製品設計に不可欠なのは、3 つの重要な要素 (シミュレーション、同期化、およびコラボレーション) の組み合わせであることは明白です。

この初期の論文は、次のように結論付けています: 「マス・インディヴィデュアリゼーション (大量個別化) のパラダイムで重要な点は、ビジネスモデルや製造モデルが変化するだけでなく、マス・イノベーションが促進されることであると確信しています。この新しいパラダイムでは、多くの顧客と消費者が、イノベーション企業やスモールビジネスの投資家/オーナーになることができます。」

これはあくまでも推論ですが、現時点であなたの組織にとって何を意味しているのでしょう?

シミュレーション、同期化、コラボレーション...

まず仮想世界を使用して製品オプションのシミュレーションとテストする可能性のあるすべての製品構成を準備する必要があります。これにより、製造プロセスをバーチャルに検証する前に、すべての可能な構成を検証することができます。検証済みの構成のみが制作されるルールを作ることで、さらに高度な品質と顧客満足度を確保できます。

同時に、オペレーションの効率化が必要です。工場内のロジスティクも課題となります。各機械をどのように連動させると、最適な結果が得られますか? 製品が複数回にわたって再構成されると、どのような変更が伴いますか? 画面上の「仮想工場」で、1 本のネジを締めることでどうなるのかということまで事前に検証できます。

すべてを同期

すべての関係者 (設計、エンジニアリング、製造、サプライヤー) をリアルタイムで同期させることで、卓越したオペレーションが達成されます。プロセスの一部が別のプロセスにシームレスにつながれ、全員および全部がひとつに連携されます。

「さまざまな新しい課題を管理し、高品質な製品で固有の顧客需要を満たすためには、産業機械メーカーは、社内外のすべての関係者の連携を可能にして、製品、人材、プロセス、および生産を統合する、セキュアで簡単にアクセスできる情報の一元化を備える必要があります。」とホワイトペーパー「Powering the 4th Industrial Revolution: Innovation and the Need for Speed in Industrial Equipment」では述べています。

成功への明確な視点

重要なのは、すべてが追跡可能になることです。あらゆるものの可視化です。あらゆる行動を透明化することで、エコシステム全体に洞察を与え、適切な意志決定を適時に実行できます。

これを実践している、中国の環境および信頼性試験装置の大手メーカー、重慶銀河の成功事例をご覧ください。

同社は受注設計サイクルを再設計し、顧客の要求に合わせた製品の生産と提供を加速したいと考えていました。これを実現するには、よりモジュール型の開発アプローチを採用することで、生産性を下げることなく、顧客ニーズに対応できるようして、製品アーキテクチャを再編する必要がありました。

さらに、製品の複雑化がさらに増し、部品点数が増加する中、重慶銀河はコストを引き上げることなく、より多くの独自の製品を開発する必要がありました。同社が選択したソフトウェア・ソリューションでは、限定された部品点数の使用で、多種多様な製品を生産することを可能にしました。

目指す目標は?

確実に一歩先を歩んでいる例が、重慶銀河です。同社は、新たな手段を使用して、複雑な生産上の課題をすべて克服する最善の方法を習得し、また学び続けています。

技術の使用を急激に増やすことは、何をどう進めていくかに多大な影響を与えます。この新しい行程を導入することで得られるメリットにより、 4 つの主要分野で企業全体が押し上げられます。

- 卓越性: 卓越したオペレーションを可能にする概念と原則: 今日のベストプラクティスと標準が、将来の基準になります。接続され統合された働き方により、ビジネスを異なるレベルに上げることができます。

- 改革: ビジネス改革: 社内のみならず、サプライヤーや顧客も含み、包括的な統合された方法で改革が可能です。

- 信頼とコンプライアンス: エンドツーエンドのグローバル・サプライチェーンネットワーク全体にわたり、サプライヤーと顧客を含む、ダイナミックな生産ネットワークを可能にします。

- サービスとエクスペリエンス: カスタマーリレーションシップマネジメントおよび接続された統合ツール・技術により、製品やサービス全体を通じて、顧客エクスペリエンスを向上させることができます。

これらは、現在の市場で競争するために、すべての企業が目指す必要のある 4 つの「目標」です。「新しい行程を導入」することで、1点モノの受注を満たすために強化する、デジタルな連続性も享受できます。

しかし、企業の多くがデジタル変革に必要な相互作用とシナジーを見落し、特定のデジタル・コンピテンシーのみを対象とする一連の取り組みを通じて変革を試みるという間違いが起こる可能性があります。オペレーションのデジタル変革ができる企業、またはこれを支援するサプライヤーを持つパートナーは、成長できますが、行わない企業は生き残るのに必死となるかもしれません。