電力・配管用機器

新しいテクノロジーにより、柔軟性、精度、分析、カスタマイズ機能が強化され、電力・配管用機器の設計方法に変革が起きています。

課題

組織の複雑さを克服

事業所や生産拠点が複数あることによって、競争力ある有効な意思決定を行うのに支障をきたす複雑な組織となってしまうことがあります。効率性を高め、コラボレーションを強化し、データの資産化と柔軟性を向上させるプロセスを導入するためには、経営幹部をはじめとする、あらゆるレベルの管理者がそうした障害について理解する必要があります。

課題

効率性の高い機器を納期順守で引き渡し

委託業者として機械式動力、加熱・冷却機器を納入する機器メーカーは、発注元に対して高性能の製品を納期どおりに提供する必要があります。つまり、機械系統と電気系統を統合することで、機能を強化し、容易に構成可能な機械が求められています。

第 4 次産業革命の新興テクノロジーによって、こうしたメーカーにも自在性とアジリティがもたらされています。これによりコストの削減、納期順守の納入、製品サプライヤーの専門知識を生かした性能の高さを実現するインテリジェントなデジタル接続で対応力をさらに高められるようになります。

課題

規制準拠の強化

世界市場に対応していくは、機器の開発期間中から国際的、地域的な規制に準拠する必要があります。国によってコンポーネントが異なり、メーカーでは要件を満たすため、機械部品の大規模なポートフォリオを管理する必要があります。

法規制へ準拠し続けるには、自社独特のオペレーション手法、リスク・プロファイル、実施国、販売製品に合わせたリスクペースの手法をコンプライアンス対策に採用し、リスク管理とコスト緩和を実施します。