マニュファクチャリング・コンフィギュレーション

一元化された情報で製品構成の正確な製造定義を作成。

統合環境において構成可能なコンポーネントで機器や機械を設計できたとしても、依然として製造方法を定義する必要があります。製造プロセスの最適化を維持するには、エンジニアリング・フェーズで、すべての製品バリエーションを効率的に考慮する必要があります。

マニュファクチャリング・コンフィギュレーションでは一元管理が提供され、特定の製品構成の正確な製造定義と適切な作業指示書を作成できます。産業機械メーカーでは 3DEXPERIENCE® プラットフォームで製造 BOM (MBOM)を作成することで、構成部品の多様性を効率的に管理できるだけでなく、複数拠点にわたる分野間の連携の改善や、オペレーション、リソース、作業指示書の定義を行えるようになり、機器の製造や組み立てに役立てられます。

マニュファクチャリング・コンフィギュレーションには、共通の構成エンジンと変更管理機能があり、産業機械メーカーが機械構成設計と製造プロセス間のつながりを定義、管理するための次のステップを提供します。

マニュファクチャリング・コンフィギュレーションの詳細を見る

マニュファクチャリング・コンフィギュレーションの主な機能とメリット。ダッソー・システムズの専門家にお問い合わせいただくか、別途見積もりをご依頼ください。