同期化のためのシステム・エンジニアリング

トレーサビリティーでの一貫した製品アーキテクチャ管理

available on premise

産業機械とは複雑なものであり、効率、消費電力、性能を制御するさまざまなシステムで構成されています。各々に関する専門知識をグローバルな取り組みに役立てられるかどうかは、難しい課題となります。同じツール、ロケール、方法を共有していない産業機械のチームにとって、それは困難なことであるからです。多分野にわたるコラボレーションを合理化するソリューションを提供し、システム全体が適切に微調整され、機能するようできるかどうかが課題となります。

システム・エンジニアリング・フォー・シンクロナイゼーションを活用すれば、システム設計者が競争力あるツールを使って、システム要件段階から部門の枠を超えたシステムとして、機能的、論理的なシステム・アーキテクチャを定義できます。要件の内容、システムの提供する機能、それを満たすアーキテクチャを考慮した、システム・エンジニアリングを実現できます。組み込み型のモーション・システム・モデリングとシミュレーション機能を使用すれば、機械の挙動をシミュレーション可能なので、コントローラーが期待どおりに動作しているかを検証できます。リソースや機能に関する論理的、物理的なトレーサビリティーを備えられるので、開発ライフサイクル全体にわたって製品アーキテクチャを一貫して管理できます。

システム・エンジニアリング・フォー・シンクロナイゼーションの詳細

システム・エンジニアリング・フォー・シンクロナイゼーションの主な機能とメリット。ダッソー・システムズの専門家にお問い合わせいただくか、別途見積もりをご依頼ください。