特殊製造機械

単機能の機械から製造プロセス全体を網羅するオールインワン機器への入れ替えが進んでいます。より多くの取引を獲得するには、よりスマートで柔軟性のある機械を提案する必要があります。

ビジネスの課題

組織の複雑さをなくす

どの企業においても、特定や解決できるかどうかにかかわらず、効果的なビジネス上の意思決定を妨げる要因というのは存在します。特殊製造機械メーカーでは、組織全体をつうじて迅速な製造プロセスを導入し、協業を通じた効率化を実現できる作業環境を整えるという課題に直面しています。

製造の現場では、単機能の機械から製造プロセス全体を網羅するオールインワン装置への入れ替えが進んでいます。あらゆる関係者がデータとナレッジを共有でき、世界各地の拠点間で製品開発をスピードアップすることができます。

ビジネスの課題

特殊製造機械 - より良く、より速く

製造の現場では、単機能の機械から製造プロセス全体を網羅するオールインワン装置への入れ替えが進んでいます。メーカーがより多くの受注を確保するためには、競合他社よりもスマートで柔軟性に優れた機械を提案しなければなりません。

第 4 次産業革命の新興テクノロジーによって、産業機械メーカーには自在性とアジリティがもたらされています。これによりさらに多くのビジネスをけん引し、絶えず変化する市場の需要にさらに対応できる製品の多様性をすすめられます。

ビジネスの課題

世界市場の地盤を強化

世界的な経済危機以降、OEM では、機器販売で利益を上げるプレッシャーに絶えずさらされています。かつて利幅が 20% はあったものが、競争が激化する中、今では 8% の利幅を確保するのに苦心しています。このような状況において、特殊機械メーカーには、柔軟性の向上が求められています。

産業機械メーカーにとって、スマート・マニュファクチャリングで開かれる可能性が、今までになく高まっています。リアルタイム・データで工場を最適化し、在庫を管理し、新しいレベルの生産性を創出して、アフターサービス・プランまで含めて考慮していくことが可能となります。

ビジネスの課題

機械販売代理店から保守サービス・プロバイダーまで

産業機械メーカーでは、世界中で競争が激化する中、保守サービスをポートフォリオに組み込んでビジネスを強化しようとしています。

新しいテクノロジーによって、コスト対応設計モデルから、サービス志向設計モデルへの移行が可能になってきています。OEM では、機械の問題点をすばやく診断し、機器の効率性を最大限に高める堅牢なスペア部品管理プロセスを実装することができます。その結果、タイムリーで効率的な顧客対応や、利益率の大幅な向上を実現することができます。