テラプティック・デリバリ

製造と引き渡しを最適化する薬物挙動の予測

available on premise

医薬品開発は、多くの点で課題を抱えています。最初に作られる新しい医薬品有効成分 (API) は非常に少量であるため、物理的テストは制限されます。FDA への申請には「クオリティ・バイ・デザイン」という手法が要求され、薬物挙動に関するナレッジが最大限必要になります。また、臨床開発、製造などの下流工程で失敗が生じると、コストがかかります。

分子モデリングは、探査研究から引渡された時点で API がどのような挙動を示すか最大限に理解するために使用できるため、テストに用いる API の量を削減できます。生物製剤治療の適用領域は、低分子薬剤の増殖形態の場合は、潜在的な凝集、粘度、溶解特性であり、結晶および非晶質な固形の場合は機械的特性です。下流工程の製造データと仕様を使用することで、治療薬の挙動を理解でき、クオリティ・バイ・デザイン基準が満たされます。

最も重要な製造性の特質を予想することで、最適な実験パラメータの種類の設計が可能になり、コンピュータによるイン・シリコ実験と並行して物理的実験を行うことで、新薬候補の開発を加速する、統合された包括的かつ合理的な医薬品開発アプローチをもたらします。

テラプティック・デリバリの詳細

テラプティック・デリバリの主な機能とメリット。ダッソー・システムズの担当者にお問い合わせいただくか、別途見積もりをご依頼ください。