ライセンス・フォー・クオリティ

品質管理システムのオペレーションをグローバル事業全体にわたって統合し、GxP 準拠を促進。

医薬品・バイオテクノロジー企業は、ロバストな品質管理システム (QMS) を展開していても、システムの有効性の低下や法令違反などの予測外のリスクに直面する可能性があります。これが特に問題となるのは、複数の拠点間で変更を管理しているグローバル企業において、複数の拠点で監査官や検査員に対して一貫した回答をしなければならない場合です。

規制が極めて厳しい医薬品・医療機器業界向けに設計された、ライセンス・フォー・クオリティは、エンドツーエンドの文書および品質プロセス管理を提供します。ライセンス・フォー・クオリティは、コンプライアンス・コンテンツへの単一のアクセス・ポイントとして機能するインターフェースを使用して、データを抽出、レビュー、処理、承認できます。

多くのメリットを提供するライセンス・フォー・クオリティは、医薬品・バイオテクノロジー企業が、品質管理システムを業務全体でグローバルに統合して実施するのに役立ちます。ライセンス・フォー・クオリティは、QMS ドキュメントおよびデータに、どこからでもアクセスでき、対処した各プロセスの完全なトレーサビリティーを提供します。また、セキュアな監査済みデータの共有により、品質プロセスの遵守を証明し、リコールの頻度を低減することができます。

ライセンス・フォー・クオリティは、歩留まりを改善することができ、問題を削減してリコールを最小限に抑えるとともに、リスクを低減するために必要な、製品品質と品質管理プロセスの改善が可能です