ワン・ラボ

ラボを最適化し、ナレッジを活用して上市までの時間を改善

available on premise

今日の医薬品・医療機器業界は、特許の期限切れ、研究開発の低い生産性、世界的な競争の激化と利益幅の低下、さらに最適化されていないプロセス、コンプライアンスの圧力など、大きな課題に直面しています。こうした現状が、コストの高騰やサイクルタイムの長期化を引き起こしています。

ワン・ラボ・インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスでは、人員、リソース、プロセス、データ、インターフェースを統合し、効率とコラボレーションの改善を可能にします。ワン・ラボは、研究開発用機器、材料、手順の標準的な知識と使用方法や、研究施設向けにロールベースの統合ユーザー・エクスペリエンスを提供します。重複する作業を削減し、期待通りの結果を出すために必要なインサイトをより早く提供します。さらに、プロセスとデータをより詳しく理解できるようになり、実験に使用できるナレッジや、将来的な実験とテストに備えてモデルを構築、改良するためのナレッジを活用できるようになります。研究、開発、商品化へと移行していくには、科学的に構築されたプロセスを統合して、完全に準拠する必要がありす。「ラボ」を意識した基盤を通じて研究機能とアプリケーションを統合することで、オペレーショナル・エクセレンスの改善、コラボレーションの支援、上市までの時間の短縮が可能となります。

2 minutes 52

ワン・ラボ のベネフィット

  • データ主導のプロセスでコストを削減

    データ主導のプロセスでコストを削減して、治療法をさらに効率的に設計・開発・同定・発表

  • 迅速な意思決定とプロジェクトの進行を確実にする

    システムおよびシステムと治療薬候補のやり取りから得られるナレッジをカタログ化し、迅速な意思決定、プロジェクトの進行を確実にする

  • コラボレーション、イノベーション、意思決定を改善

    一貫性の高いデータと情報のやり取りを容易にすることで、コラボレーション、イノベーション、意思決定を改善

  • 最初から適切な開発

    品質と規制のイニシアチブに対応した手順と方針に従い、標準化とコンプライアンスの改善を行うことで、「最初から適切」な開発を実現

ワン・ラボのパワー

ワン・ラボは、人員、リソース、プロセス、データを統合し、効率とコラボレーションの改善を可能にします。さらに、統合された情報とプロセスにより、規制上のリスクが軽減され、上市までの時間を短縮できます

成功事例

デジタル化は、ラボの変革とコラボレーションをどのように推進するのか

Lonza 社は、医薬品・バイオテクノロジー業界向けの世界最大手のサプライヤーです。ラボ・インフォマティクス・ソリューションの導入を決めたときに、典型的なビジネス・メトリクスに加わる付加価値に気付きました。このウェビナーでは、BIOVIA と Lonza 社が、デジタル化がどのようにビジネス全体にわたって変革と連携を推進するのか、またラボ・インフォマティクス・ソリューションを実装する際に考慮すべき点を論議しています。

66 minutes 27