患者ケア

医薬品・医療機器業界では、患者の転帰を改善することに加えて、一時的な治療から継続的なエンゲージメントへ移行することに焦点を絞り、患者ケアの分野で急速な変化を遂げています。そのため、ダッソー・システムズのソリューションを使用した健康のコンシューマライゼーションが採用されています。

BIOMODEX 社は、ダッソー・システムズのソリューションを活用して、3D プリントで臓器を作成しています

21 世紀の患者を治療する新しい方法を、病院と医療従事者に提供しています。ダッソー・システムズの 3DEXPERIENCE® ソリューションの 最先端のバーチャル・テクノロジーは、患者ケアの分野において無限の可能性を提供します。

ビジネスの課題

エコシステムから得られる価値を拡大し、新しいビジネス・モデルを採用

医療関係者や米国食品医薬品局 (FDA) などの政府機関は、患者ケアを改善するための、より迅速に対象を絞った方法を模索しています。リビング・ハート・プロジェクトは、アクセス障壁を低減させながら、さらなるパートナーシップと拡大されたアプリケーションを通じて、その範囲を拡大しています。

クラウド型の3DEXPERIENCE® プラットフォームで利用可能なリビング・ハートは、クラウドでハイパフォーマンス・コンピューティング (HPC) のスピードと柔軟性を提供しています。最終的には、小規模な医療機器メーカーにも、バーチャル・テストと先進的な治療ソリューションをより早く提供します。

リビング・ハート・プロジェクトは、科学の境界を広げるために高度なシミュレーション・アプリケーションを活用する、ダッソー・システムズの幅広い戦略の一環です。コミュニティと変革的なプラットフォームの両方を作り出すことで、患者ケアの新たな境地に達するために、心臓血管研究のみならず、たとえば脳、脊柱、足、および眼を含む、その他の部分を補足する側面にリビング・ハート・プロジェクトが使わていることからも、その進歩が見え始めています。

ジャン・コロンベル
ダッソー・システムズ、医薬品・医療機器担当副社長
ビジネスの課題

包括的な患者中心のエクスペリエンスを提供

患者エクスペリエンスは、イノベーションの核心部分です。数十万に上る医療過誤による年間死亡数を推定している研究からも、医療従事者がナレッジとエクスペリエンスを獲得する方法を改めるときがきています。3D プリント技術とバーチャル・シミュレーションの進歩により、治療の質と患者の安全性を向上させる新たな機会が生まれています。

BIOMODEX社 は 3DEXPERIENCE® テクノロジーを活用して、本物のような人間の臓器を作成し、実際の手術を進める前に、医師が手術手順を予習することで、医療の質を向上させています。

患者の医療画像から作成された、解剖学的構造を 3D でプリントしてレプリカを作ることで、独自の手順計画アプローチを使用して医療従事者を支援します。

トーマス・マーカンド氏
BIOMODEX 社 共同創業者兼CEO
ビジネスの課題

患者ケアにおけるナレッジの資産化を通じてエコシステムを最大限に活用

AO 財団は、複数のデータベースに点在する情報に素早く簡単にアクセスできる外科医と病院関係者のグローバル・ネットワークを実現する方法を必要としていました。

ダッソー・システムズ の3DEXPERIENCE® プラットフォームとEXALEAD® CloudView の強力な検索機能のおかげで、情報を検索する時にさまざまな情報源をたどる必要がべなくなり、12,000人を超える外科医ネットワークでも、時間を節約してより包括的な検索結果が得られます。

関連情報のみが取得され、分かりやすい直感的な方法で表示できます。EXALEAD のおかげで、別々のデータ・サイロが連動されるようになっています。

Benno Richner 氏、AO財団最高情報責任者
AO財団、最高情報責任者