シンクロナイズド・フルイディック・デザイン

available on premise

すべてのエンジニア担当者が連携して、流体回路図を他のすべての分野に組み込む、最適なソリューションを見つけるには、単一の情報ソースとそれをサポートするロバストなアーキテクチャが必要です。流体システムと 3D 設計ツール間のシームレスな統合により、データの非互換性を回避できます。適切な設計情報をすべて取り込み、より生産性の高い設計を検証できるようにするには、インテリジェントなチューブ配管/パイプ配管・レイアウトの作成に焦点を当てる必要があります。ある分野で設計を変更した場合に、それが他の構造に自動的に反映されなければなりません。

シンクロナイズド・フルイディック・デザインは、流体エンジニアご担当者がすべての CAD/流体システムに同一の一貫したモデルにアクセスできます。2D と 3D のデータが連動された、独自の環境によるメリットを活用できます。3D 設計を変更するたびに、2D 回路図が更新されるため、完全な相互運用と効率的な変更管理が可能です。流体設計用の独自の環境 (2D 回路図および 3D チュービング/パイピング)により、回路図設計からチュービング/パイピング設計および製造ドキュメントまで、プロセス全体に対応します。

シンクロナイズド・フルイディック・デザインの詳細

シンクロナイズド・フルイディック・デザインの主な機能とメリット。ダッソー・システムズの担当者にお問い合わせいただくか、別途見積もりをご依頼ください。