シンクロナイズド・フルイディック・デザイン

すべてのエンジニアが連携し、流体回路図を他の全分野に組み込む最適なソリューションを導き出すには、一元化された情報ソースとそれをサポートするロバストなアーキテクチャが必要です。流体システムと 3D 設計ツール間のシームレスな統合を実現することこそが、データの不一致を回避することにつながります。適切な設計情報をすべて取り込み、より生産的に設計を検証できるようにするには、インテリジェントなチューブ/パイプ配管レイアウトの作成を最優先に取り組む必要があります。ある分野で設計変更を行った際には、他の構造にもその変更が自動的に反映されなければなりません。

シンクロナイズド・フルイディック・デザインにより、流体設計担当者はすべての CAD システムと流体システムに共通する統一モデルにアクセスできます。2D と 3D のデータが関連付けられた単一環境からもたらされるメリットを活用できます。3D 設計が変更されるたび、2D 回路図も更新されるため、完全な相互運用性と効率的な変更管理が実現します。流体設計向けの単一環境 (2D 回路図と 3D チュービング/パイピング) で、回路図設計からチュービン/パイピング設計、製造ドキュメントまで、プロセス全体に対応することができます。

シンクロナイズド・フルイディック・デザインの詳細

シンクロナイズド・フルイディック・デザインの主な機能とメリット。ダッソー・システムズの担当者にお問い合わせください。個別見積もりもご依頼いただけます。