同期化のためのシステム・エンジニアリング

医療機器は、効率、動力、性能を統制する多様なシステムからなる複雑な機械です。同じツール、ロケール、手法を使用していないチームを抱える医療機器メーカーにとって、グローバルな取り組みにそれぞれの専門知識を盛り込めるようにするのは、細心の注意が必要な難しい問題です。システム全体が適切に機能するように、複数領域にわたるコラボレーションを合理化するソリューションの提供が課題となっています。

システム・エンジニアリング・フォー・シンクロナイゼーションには、システム要件の段階から機能設計や論理設計のシステム・アーキテクチャを複数領域システムとして定義できるツールが用意されています。制御システム担当はそのツールで競合に差をつけることができます。技術者は、システム・エンジニアリングを活用し、要件、システムの提供する機能、それを満たすアーキテクチャを検討します。ソリューションに組み込まれたモーション・システム・モデリングとシミュレーション機能を使用して機械の挙動をシミュレーションし、制御装置が設計どおりに動作することを検証できます。医療機器メーカーは、リソース、機能、論理、物理に関するトレーサビリティを確保し、開発ライフサイクル全体を通して製品アーキテクチャ一元管理できます。

システム・エンジニアリング・フォー・シンクロナイゼーションの詳細

システム・エンジニアリング・フォー・シンクロナイゼーションの主な機能とメリット。ダッソー・システムズの担当者にお問い合わせください。個別見積もりもご依頼いただけます。