ビルド・フォー・シー

製造オペレーションの実施を最適化

available on premise

造船所のお客様企業は、テクノロジーを活用してよりアジャイルな製造オペレーションを実践し、生産能力と生産性を改善する必要があります。

ビルド・フォー・シーを活用すると、製造、サプライチェーン、プランニングの責任部門において、一元管理された情報にアクセスして、生産スケジュールと現場のリソースを最適化して、デジタル作業指示書を管理し、製造業務を効率的にモニタリングできます。3DEXPERIENCE® プラットフォームを基盤とする、ビルド・フォー・シーは、エンジニアリング、プロダクション・プランニング、シミュレーションから、実際の建造、在庫、材料の流れ、勤怠管理まで、完全なデジタルな連続性とトレーサビリティーを提供します。造船所のお客様企業のリーン製造の高度な原則を適用できます。

ビルド・フォー・シー のベネフィット

  • 作業の遅れと違約金を回避

    高度な生産スケジューリング、造船所リソースの最適化、製造オペレーションの効率的な管理により、作業の遅れと違約金を回避。

  • コストの削減

    スケジュールの最適化、ロボットや製造の自動化、シミュレーション、リーン製造原則の導入により、コストを削減。

  • 生産エラーの削減

    設計と実作業間のデジタルな連続性を活用して、品質プロセスを製造ワークフローに統合することで、生産エラーを削減。

  • 生産能力の拡大

    スケジュールの最適化、造船作業の効果的な管理、インベントリ、品質プロセス、例外処理により、生産能力を拡大。

ビルド・フォー・シーのメリットを製造オペレーション管理で活用

製造オペレーション管理プロセスを合理化するビルド・フォー・シー。

ビルド・フォー・シーの内容

ビルド・フォー・シーを構成するインダストリー・プロセス・エクスペリエンスや専用の船舶・海洋プロセス。