ストラクチャ・プロダクション・プレパレーション

鉄骨構造作業準備を作成、自動化し、製造作業を最適化

船舶構造のファブリケーションとアセンブリーは、造船所の中核的な事業です。テクノロジーが船舶の設計と製造計画を担うようになり、構造の作業準備のプロセスはますます自動化されるようになりました。今日、最新の造船環境における最大の課題は、造船所のお客様企業が、従来のロフティング (製作前に実物大の船を描く) 技術を、統合された設計と製造のソリューションとともに活用し、より効率的かつ効果的な構造の作業準備と製造につなげていくことです。

設計と製造情報を密接に統合することで、ストラクチャ・プロダクション・プレパレーションでは、防撓材を定義する設計情報を正しく解釈し、防撓材を配置、溶接する箇所に自動的にマーキングを行えます。企業は必要なマーキングの配置を指示した経験とノウハウに基づいてルールを定義でき、製造作業をさらに最適化することができます。効率的なネスティング機能により、鋼板を可能な限り有効活用できるため、無駄をなくすことができます。

ストラクチャ・プロダクション・プレパレーションのメリットを活用

オプティマイズド・プロダクション・フォー・シー・インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスの一部である、ストラクチャ・プロダクション・プレパレーションの関連メリット。