オン・タイム・エクスポート・コントロール

知財および輸出規制の適用および管理を効率化

多くの船舶・海洋業界のお客様が多国籍企業で構成されるグローバルな環境で業務を運営しています。さまざまな国々にわたって共有される情報や知財に対して、各国で異なる規制や規制が適用されます。

オン・タイム・エクスポート・コントロールは、ドキュメントをプロジェクト・チームの適格なメンバーとのみ共有できるコントロール・メカニズムを設定します。知財チームがデータの分類を通じて、知財の開示を許可、不正な開示を防止して、輸出管理および保護を実施できます。セキュリティ分類とルールを定義して、許可の特例を簡素化し、セキュリティ監査を実施することで IT コストも削減できます。

オン・タイム・エクスポート・コントロールにより、造船所のお客様が実現できること:

  • 企業の知的財産を保護
  • データの分類を通じて、知財の開示を許可、不正な開示を防止して、輸出管理および保護を実施
  • セキュリティ分類、ルールおよび例外の定義
  • セキュリティ監査の実行