オン・タイム・プロダクト・マネジメント

複数の技術分野の製品アーキテクチャを定義、共有、最適化

複数の技術分野にわたっての製品の定義、共有、管理ならびに既存のプログラムの活用は、船舶・海洋業界のお客様にとって不可欠です。

オン・タイム・プロダクト・マネジメントにより、造船会社のお客様は、製品のバリアビリティを定義して主要なエボリューションをオーケストレーションする統合型の変更管理プロセスでデジタルツインの最新ベースラインを維持して、統一された複数の技術分野をまたぐ BOM と企業製品ポートフォリオを効果的に管理できます。製品エンジニアが初期段階から最終的な検証に至るまで、製品のエンジニアリング定義を規定および管理して製品を手配できます。タイム・プロダクト・マネジメントは、エコシステムの効率を高め、拡張エコシステム全体にわたって複数の技術分野間のコラボレーションを実現します。マーケティング要件とエンジニアリング間のギャップを埋め、戦略的な閉ループのコラボレーティブな変革プロセスを実現できます。

オン・タイム・プロダクト・マネジメントにより、お客様が実現できること:

  • エンジニアリング定義のライフサイクルとエボリューションを管理
  • 単一の統一された製品構成内で複数の技術分野にわたるコラボレーションを促進
  • すべての変更を通じて完全で正確な最新の BOM を管理
  • 製品ライン、製品バリアビリティ、ベースラインの管理
  • 戦略的な閉ループのコラボレーティブな変更プロセスを提供
  • 構成済みの製品構成を管理して適用性を定義