コンセプト・ノウハウ

ノウハウと既存のコンセプト情報を効率的に取り込んで再利用をサポート

available on premise

入札段階では、造船所のお客様企業は、非常に限られた時間内に、革新的なコンセプト設計を提示する必要があります。そのため、貴重なノウハウ、ベスト プラクティス、社内基準を活用して再利用する必要があります。

コンセプト・ノウハウを活用すれば、設計部門において、効率的にノウハウや過去の設計を取り込んで、新しいプロジェクトで再利用できます。組み込みのルールにより、要件や分類ルール、社内基準に合わせて設計を進めることができます。社内外のプロジェクト関係者は、知的財産を確実に保護しながら、リアルタイムで共有し、連携できます。さらに、コンセプト・ノウハウなら、造船所の設計部門において、技術予算を満たしているかを継続的にモニタリングし、初回から適切にコンセプト設計を進めることもできます。その結果、予算やスケジュールにリスクをもたらすエラーや手戻りを削減できします。

コンセプト・ノウハウのメリットを活用

ウィニング・ビッド・フォー・シー・インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスの一部である、コンセプト・ノウハウの関連メリット。