プロジェクトオーサーシップの拡張: ポストデジタル時代におけるプロジェクトの実施

ポスト-デジタル時代のオーサーシップを拡張するには、従来のワークフローをデジタル形式で再現する以上のことが必要です。一連の多様な情報、ツール、ワークフローを適応させながら統合するソフトウェア・プラットフォームが必要です。

さらには、新しい作業方法を可能にするプラットフォームが必要です。デジタルトランスフォームが本当の意味で実現するまで、まだ何年もかかるでしょう。デジタル変革の結果として、AEC 業界のプロジェクトのオーサーシップは劇的に変化していますが、さらに大きな影響を将来的に及ぼすに違いありません。