ジェネレーティブ・デザイン・エンジニアリング

ジェネレーティブ・デザインによる、プロセス主導型の柔軟な機能の統合と生産性の向上。

  • 軽量化エンジニアリングによる、製品の重量と剛性の最適化
  • コンセプトをより早く評価して、時間とコストを削減
  • デザイン仕様を維持しながら より多くのコンセプトを評価
  •  
  • 従来の製造または積層造形の両方に対して、実際の編集可能なジオメトリを活用
  • 最適化されたコンセプト形状を容易に作成・シミュレーション
  • 設計、シミュレーション、製造エンジニア間の連携をシームレスに管理

今すぐ登録してウェブセミナー「機能主導型ジェネレーティブ・デザイン」をご視聴ください。