第 4 次産業革命における産業機械

『IDC Manufacturing Insights』では、ビジネスの可能性を最大限に高めるために企業が守るべき原則を概説しています。

  • 世界中の関係者をつなぐには、より広範囲にわたる標準化が必要
  • 仮想化を導入することで、プロセスや製品情報にリアルタイムでアクセスが可能
  • モノのインターネットと機械間コミュニケーションを利用して知能を分散することで、一元管理とトレーサビリティーを維持しながら、現場に即した意思決定力の向上を実現
  • 機械と工場のパフォーマンスをリアルタイムで分析することで、迅速に対応してプロセスを改善
  • サービス主体のアプローチを製造に採用することで、後期段階での顧客の要件変更に対しての敏捷性を向上
  • モジュール設計の利点を活用し、標準部品を使用して新製品を構成することで新製品導入を加速

産業機械企業の現在の課題をご確認ください。