1. インテグレーテッド・コンストラクション

インテグレーテッド・コンストラクション

予算内で納期どおりに進展

鉱業、石油、ガスなどの多くの天然資源巨大プロジェクトでは、スケジュール遅延や予算オーバーが発生しがちです。35% 以上のプロジェクトで予算とサイクル時間の超過が 10% 超となっています。プロジェクトが成功に至るまでには数々の課題があります。プロセス間や関係者間で可視性が不足していたり、情報が古かったり、あるいは手作業でのプロセスや情報伝達の遅さなども大きな課題となります。インテグレーテッド・コンストラクションは、このような課題を克服するのに役立ちます。データ、プロセス、ワークフロー、ユーザー、アプリケーションを統合することで、課題を解決することができます。

インテグレーテッド・コンストラクションでは、インフラと工場設計、調達、建設が単一の環境に集約されます。計画を最適な方法で策定し、完全なデジタル情報に基づくリーンな遂行を実現して、プロセス間の連続性を維持できます。最新情報に基づくことで、すべての関係者の可視性が大幅に高まります。変更は迅速に伝達され、即座に情報が更新されます。 結果として、変更の影響をすぐに特定してプロジェクトを計画どおりに進めることができます。

インテグレーテッド・コンストラクション のベネフィット

  • 可視性、一貫性、トレーサビリティーを確保

    一元管理された情報に基づいて、プロジェクトの状況を適時に把握できます。情報を追跡することもできます。

  • 複雑な状況を完全に理解

    コラボレーションに便利な 3D モデルを使用することで、関係者全員が複雑なインフラや工場の状況を明確に理解できます。

  • オペレーションを考慮して設計、建設

    テンプレートを使用した包括的なパラメトリック モデリング機能と、データ主体のコラボレーション環境により、オペレーションを考慮してプロジェクトを設計、構築できます。

  • 無駄を最小限に抑制

    無駄を最小限にする。設計モデルをファブリケーション、施工、コミッショニング(性能検証)、解体にも適用し、計画と建設を最適化します。

インテグレーテッド・コンストラクション

インテグレーテッド・コンストラクションを活用すれば、変更が伝達され進捗の可視化が高まることで、プロジェクトを予算内、期間内に収められます。

インテグレーテッド・コンストラクション

インテグレーテッド・コンストラクションを活用すれば、変更が伝達され進捗の可視化が高まることで、プロジェクトを予算内、期間内に収められます。