グレード・コントロール

掘削中や調査中に測定したグレード管理データに基づき生産モデルを動的に更新

グレード・コントロールを活用すれば、生産をより順調に進められるようになります。古い短期グレード管理モデルや抽出順序は排除し、データが収集されるとリソース モデルや抽出計画が動的に更新されるので、プラントへの供給を改善してオペレーション効率を高めることが可能です。

グレード・コントロールでは、各部門のデータのサイロ化を解消して、新しいデータを効率よく適時に共有し、使用できます。 コラボレーションに便利な統合データ管理ツールでデータの品質を維持し、部門の枠を超えてデータをレビューできる機能でレビューを強化します。 掘削孔やドローンから得たデータ、掘削時に取得したデータに関して過去データ、最新データの利用が増えていくと、予測分析を通して情報から潜在的なパターンを特定できるようになるメリットもあります。

グレード・コントロールの詳細

グレード・コントロールの主な機能とメリットダッソー・システムズの専門家にお問い合わせいただくか、別途見積もりをご依頼ください。