コーポレート・コンプライアンス

法規制、環境コンプライアンス、リスク回避のためのポリシー、手順、アクションの管理。

法規制、環境コンプライアンスのためのポリシー、手順、アクションの管理には、慎重な計画と実行が必要です。地質学者、技術者、設計者が社内外の関係者、お客様、サプライヤーと連携する際には、プロジェクトやオペレーションのニーズを理解してコンプライアンスを確実にする必要があります。そのためには、同一のデータ ソースに全員が同時に接続できる、ソーシャル コラボレーションを実現するのが最善の方法です。コーポレート・コンプライアンスを活用すれば、ソーシャル コラボレーションと構造型コラボレーションの両方が可能となり、プロジェクトのライフサイクル全体を通じてコンプライアンスを確保できます。

コーポレート・コンプライアンスのメリット:

  • 環境コンプライアンスとサプライヤー レポートのデータに管理アクセスできるようになります。

  • 要件の範囲と管理プロセスを制御することで、標準と規制に沿うようにできます。

  • 実行時の品質と顧客満足度を向上させられます。

  • 要件、設計、エンジニアリング、運用プロセス、規律の間のギャップを橋渡しすることで、コストと手戻りを減らせます。

  • 要件の進展全体を通じて全体的なトレーサビリティーを強化できます。

コーポレート・コンプライアンスの詳細

コーポレート・コンプライアンスの主な機能とメリットダッソー・システムズの専門家にお問い合わせいただくか、別途見積もりをご依頼ください。