パーシーブド・クオリティ

パーシーブド・クオリティ・レビューで設計とエンジニアリングを検証。ギャップとフラッシュの許容誤差を評価。製品バリエーションと外観面に関する設計の意志決定をサポート。

車の第一印象は外観で決まります。外観は購買プロセスにおいて決定的な役割を担います。目を引くデザインは最もアピールできる要素であり、車に対する認知度も高まります。製品の知覚品質が高ければ、顧客に対する製品価値も高まります。

パーシーブド・クオリティ・プロセスでは、ギャップ・フラッシュ分析、バリアントの可視化/検証など、複数の領域に対処します。ギャップとフラッシュが小さければ小さいほど、潜在的なお客様にとっての印象は良くなります。強力な統合型 3D ジオメトリ・ギャップ/フラッシュ・チェック・ツール (Dimensional Control Systems' (3DCS) Variation Analyst アプリケーションなど) による光学品質解析では、サーフェス品質を検証して欠陥を最小限に抑えます。さらに、統合型ハイエンド・ビジュアライゼーション・レビュー・アプリケーションにより、製品バリエーションやデザインの外観面の設計上の意志決定をサポートします。

パーシーブド・クオリティの詳細を見る。

パーシーブド・クオリティの主な機能と利点をご覧ください。ダッソー・システムズの担当者にお問い合わせいただくか、別途見積もりをご依頼ください。